寝ても疲れが取れない原因と最新の解消方法

MENU

寝ても疲れがとれない原因は?

 

寝ても疲れがとれない原因は?

睡眠を十分にとったのに、朝起きると疲れが取れていない、以前は、寝れば次の日には、元気になったのに疲労が回復されない

 

そんな症状が出ている人は実は非常に多く、慢性的に疲労がたまり寝ても、適度な運動をしても、疲れが取れないという悩みを抱える人は年々増えています。

 

 

寝ても疲れがとれない

 

この様に悩むのは、そもそも”寝れば疲れは絶対にとれる” という勘違いが原因であるともいえます。
多くの医者が研究者が、昔から”疲れたのならば睡眠をとりなさい” ということを多くの論文や研究誌に掲載し、それが常識となってしまった為、一般人にもそれが通説となっていますが、

 

そもそも、睡眠を沢山とったから、疲れが取れるという訳ではないのです。疲れがとれない原因は色々あり、人によって症状も違うため、疲れを解消する方法も、人によって異なるのです

 

今、寝ても疲れがとれないと悩んでいるあなたは、まず、自分がどの様な原因で疲れがたまっているのかを把握し、その原因が分かった、若しくは想定された理由を取り除いていくのが、疲れを取る一番の近道です。

 

 

寝ても疲れが取れない主な原因や症状

 

疲れが取れない主な原因をあげていきます。

 

1.年齢によるもの

 

 当然のことながら、若い時と同じ生活習慣を続けていて、睡眠時間が同じであるならば
 疲れはとれません。
 若い時は疲れの回復度が早いですが、年をとると回復度が遅くなってきます

 

 若い時と同じ睡眠時間で疲れを取るには、生活習慣を変える必要性があります。
 例として、仕事の負荷、仕事の時間、ストレスの負荷、飲酒の量、等々

 

 若い時と同じ睡眠時間で疲れを取るには、これらの生活習慣やストレスなどを減らす
 必要性があります。

 

 

2.睡眠の質

 

 睡眠にとって一番大事なのは、長く寝るという事ではなく、いかに良質な睡眠をとるか?
 という事です。

 

 深い眠りにつける時間が長ければ疲労回復の度合いが高まります
 逆に浅い眠りで質の悪い眠りの場合、何時間寝ても疲れはとれませんし、逆に倦怠感、気だるさを
 感じ、余計に疲れたり、眠くなったりしてしまいます。

 

 深い眠りを得る方法については、こちらの記事で詳細を説明します

 

 

3.ストレスが多い

 

 いくら寝ても疲れがとれない原因に、上記の睡眠の質を妨げる”ストレス”があります。
 このストレスが多いと、眠りの質が悪くなり、浅い眠りが続き、悪夢をみたりして、
 脳が休まることがありません

 

 

4.寝具が悪い

 

 自分の身体にあっていない、ベッド、マットレス、枕、布団、毛布などを使って眠るのも
 睡眠の質を悪くします

 

 ベッド・マットレスの固さは合っていますか?
 寝具は清潔で、定期的に日干しをしていますか?
 睡眠を阻害する様な暑い又は寒い環境ではありませんか?

 

 

5.寝室の環境

 

 上述の寝具と似たような話になりますが、寝る環境が悪ければ睡眠の質が下がります
 注意点としては

寝ても疲れがとれない原因は?

 

 ・部屋の明るさは自分に合っているか?
 ・温度や湿度は適度に保たれているか?

 

  部屋干しなどで、
  湿度が高すぎても体に影響があります。
  乾燥していれば、喉や肺に影響を及ぼします

 

 ・耳障りな音はないか?
 ・部屋は清潔に保たれているか?カビやホコリはないか?

 

 

6.寝る前に、パソコンやスマホ、携帯を見ていないか

 

7.寝る直前に頭を使う、考える作業などをしていないか?

 

  寝る直前に、頭を使って考える作業をすると興奮状態が続き
  なかなか深い眠りに入れません。

 

  また、これがストレスとなる様な考えごとだと余計に眠りが
  浅くなります。

 

8.食事は栄養バランスが取れているか?

 

  食事の偏り、食べ過ぎは体(特に胃腸)に負担をかけ、寝ても
  体が休まらない事があります。

 

9.適度な運動

10.適切な入浴

 

上記の項目をまとめると

 

ストレスをなくし、食事のバランスをとり、適度な運動と心地よい入浴を取ることが良質な睡眠をとる方法となりますが、それでも、疲れが取れない場合は、身体が慢性的に疲れている可能性があります。

 

これは年齢や環境の変化によるものが原因と考えられますが、通常は上記をきちんと実践することで解消されるはずですが、自分では気が付いていない、栄養素が足りていない可能性があります。

 

疲れを回復してくれる栄養素が含まれているサプリメントを一時的にでも摂取すると疲れがとれるきっかにつながります。

 

 

疲れがとれない人にお薦めの食事とストレッチ

 

疲れがたまると、胃腸の動きも落ちますので、栄養素の吸収も自然に落ちてきます。胃腸の働きを高めるための食事内容に関して幾つか代表的なものを紹介いたします。

 

<豚肉とクエン酸>

 

疲労回復には、まず豚肉を積極的に摂ることが有効です、豚肉に含まれるビタミンB1は牛肉の10倍とされていますので、炭水化物をしっかりとエネルギーに変えてくれます。また、ビタミンB1は、鶏肉や、納豆、豆腐、カツオ節にも多く含まれていますので積極的に摂りましょう

 

また、豚肉と一緒に、クエン酸を摂取すると食欲が増すとされています。クエン酸は、みかんなどのかんきつ類、パイナップル、トマト、梅、お酢などに多く含まれています。また、レモンなどにもビタミンが多いため、お肉などに頻繁にかけて食べると疲労回復には効果的です。

 

<甘い食べ物>

 

寝ても疲れがとれない原因は?

何といっても、疲れた時には甘いものが一時的に欲しくなります。何かしている時など、手がすいた時に甘いものをちょっととるだけで精神的に随分ストレスがほぐれます

 

特に、脳は最も糖の消費が高い組織ですので、糖分を補うことで精神的な疲れが一時的にとれるのです。

 

脳は1時間に5グラムのブドウ糖を消費するとされていますが、ブドウ糖は身体に貯めておくことが出来ません。ですから、デスクワークの合間に、糖分を補給することが疲れをいやすためにはとても大切です

 

<果物は酵素たっぷりの食べ物>

 

疲労している時には、一般的に消化能力が落ちているため、何か食べようとしても、食欲が出なかったり、食べた後に酵素の働きが悪いために消化が進まず胸焼けしたり、吸収が悪くて栄養素の取り込みが少なかったりするのです。そこで、酵素を多く含むフルーツを摂ると、消化の助けになるのです。

 

たとえば、パイナップル、パパイヤ、キウイなど、トロピカルフルーツには多くの酵素を含んでいますので、食事と一緒にとると有効です。また、胃のもたれを解消する働きが食品として、キャベツがあります。キャベツは、胃の粘膜を保護して食べ物が消化しやすくなるのです。また、大根にも、胃もたれを解消する働きがありますので積極的にとりましょう

 

<ストレッチ>

 

身体がだるい時には、筋肉自体も硬直している可能性がありますので、軽い体操やストレッチをすることで、体調が改善することがあります。ストレッチは、お風呂あがりやすこしやウォーキングなどで身体を温めてから行うと、効果的です。

 

 

 

寝ても疲れが取れない時に考えられる病気

 

寝ても疲れがとれない原因は?

仕事が毎日遅くまで続いたり、自分の休みがないと疲労が蓄積して体調を崩すことにもなります。

 

日常的な休息が不足した結果の疲労は、休日などを利用して、身体をゆっくり休めることによって、ある程度解消することができますが、

 

いつになっても身体がだるかったり、忙しくなくても身体がだるいのは、何かの病気が関係している可能性があります。そういう場合は何が影響しているのでしょうか?

 

<更年期障害>

 

女性の場合、閉経の前後の約10年間更年期とよばれ、女性ホルモンの分泌のバランスが急激に変化するため、急に体がほてったり、睡眠不足になったり、身体がだるくなったり、肩がこったり、イライラや気分の落ち込みなどがあります。

 

<急性肝炎>

 

慢性の肝炎では、なかなか自覚症状がありませんが、ウイルス性肝炎、薬物性肝炎、アルコール性肝炎などで肝機能が悪化する場合は、身体がだるいと感じるようになります。急性肝炎の感染初期には風邪に似た症状がでて、その後高熱がでたり、頭痛がでたりします。

 

また、すこし横になっていないとつらく感じるような身体のだるさがあります。また、腹痛、下痢、吐き気などの消化器の症状があらわれます。思い当たることが無く、身体がだるくなったら、すぐに医者に行ってよく見てもらいましょう

 

<睡眠時無呼吸症候群>

 

意外に、知られていないことですが、睡眠時無呼吸症候群になると、効率的な睡眠がとれないために疲労が回復しないため、常にだるい状態になります。

 

寝ている間に、10秒以上呼吸をしない状態が、一晩に何度もあります。呼吸をしていなかったり、呼吸をしていても酸素の吸収が十分できていないため、脳への酸素の供給が不足している可能性があるのです。

 

睡眠時間を十分とっても疲れがとれない、だるさをいつも感じているという場合は、放置すると高血圧や糖尿病、心臓病、脳卒中の原因になることもありますので、しっかり検査をしてもらうことが大切です

 

<甲状腺異常>

 

甲状腺の病気は、最近では女性の10人に1人くらいが該当すると言われています。甲状腺は、のどのすぐ下にある器官で、全身の新陳代謝を促す甲状腺ホルモンを分泌しています。

 

甲状腺機能亢進症では、甲状腺ホルモンが異常に分泌されてしまい、その結果として新陳代謝が上がるため、身体がだるくなったり、イライライラがあったり、急に痩せたり、汗をかくようになったりするのです。

 

一方、甲状腺機能低下症では、甲状腺ホルモンの分泌が減ってしまうため、新陳代謝が落ちて、皮膚がガサガサになったり、急に体重が増えたり、集中力がなくなったりします。

 

<糖尿病>

 

糖尿病は、すい臓でつくられるインスリンの分泌や働きが低下するため、組織への糖の吸収が充分に行われず、排泄されてしまします。その結果、だるさや倦怠感、のどが渇くなどの症状が現れます

 

 

 

 

寝ても疲れが取れない人におすすめな商品ランキング

 

 

 

 

 

更新履歴